ホーム » 「銀行ローン」タグがついた投稿

タグアーカイブ: 銀行ローン

銀行ローンはカードローン以外にカーローンもおすすめです!

銀行ではカードローンや学資ローン、住宅ローン、また企業向けの個別貸付など幅広い種類の融資を扱っています。この中で、まずカードローンは消費者金融などの金融業者を利用するより低金利なことがほとんどで、金利を第一に考えるならおすすめだと言っていいでしょう。

そして、次におすすめなのがカーローンです。これはその名前の通り、主に自動車の購入の為のローンで、場合によっては免許の取得費用としても利用できますが、特に中古車の購入時にはとてもおすすめになります。

と言うのは、新車をディーラーから購入する時は特別なローンが利用できるので、年利1%や2%という低金利でローンを組むことができますが、中古車の購入時に販売業者が用意しているローンは年利8%などのかなり高い金利のローンのことがほとんどです。それを利用するより、銀行のカーローンなら概ね2~3%程度で車の購入必要なお金を借りることができます。

このカーローンの利用には申込みをする銀行がそのようなローンを扱っていることはもちろん、購入する車の見積書や契約書などが必要になります。総量規制とは無縁なので、高額の借り入れを行うことも可能です。中古車の購入には是非この銀行のカーローンの利用を考えてみてください。

銀行ローン 利息で注意しなければいけない点

銀行カードローンの利息って低いですよね。上限利息が15パーセントくらいなのに、10パーセント未満で契約できたりもします。これには知られざる思惑が存在するのです。銀行カードローンの思惑について解説します。

1.銀行カードローンは残高スライド方式

銀行カードローンは残高スライド方式という月々利息分位の金額を支払い続ければいい、残高スライド方式を採用しています。

月々利息分位しか払っていないのであれば、元本は殆ど減りません。

残高スライド方式で返済計画をシミュレーションすると、30年以上返済に時間がかかる計算になります、

2.月々の支払額が減ると、新たな借入をしやすい

残高スライド方式では、月々の支払いをしていくと残高ぎ減り、支払い額が減ります。通常の返済期間がある借入なら、月々の支払額が減る事はありませんので油断しませんが、残高スライド方式は月々の支払いが減少する為に油断して新たな借入を増やしてしまいがちです。結果ずっと借り続け、返済をしなくてはいけなくなります。

いかがでしたか。キャッシングディスペンサーからお金が出てくるので、自分の貯金かと勘違いしやすいといった事も、銀行カードローン会員に会社の思惑の1つです。銀行カードローンは繰上げ返済をして、早めに完済しましょう。

銀行ローン返済方法、今後は残高スライドリボ払いが主流か?

キャッシングや銀行カードローンの返済方法がかつての35日後返済などから色々な手法が出てきています。近年新しく出来たものは残高スライドリボ払いで、業者もこの方式に力を入れている、中にはこの方式しか採用していない業者もいます。何故残高スライドリボ払いを業者が推すのか、業者目線で解説していきます。

1.ゴールが見えない

今までのキャッシングでは、2年間契約が主流でした。これは2年間24回払いを行えば完済するといった具体的な目標が見えていました。完済されると金利が入ってきませんので、業者としては残高が減るれば支払額が少なくなり、油断して新たな出費をしてしまう残高スライド方式を考え出したのです。

2.永遠に返済は終わらない

ある銀行カードローンの金利14.5パーセントで返済シミュレーションをしてみると、完済迄30年間かかると言った結果が出力されました。残高スライドリボ払いは繰上げ返済しない限りは永遠に返済を続けなくてはいけません。

月々の支払額に余裕が出来ると新たな借入をしてしまう人は、昔ながらの分割払いを選択するべきです。業者に踊らされない様にしっかりした意識を持ちましょう。