ホーム » 「金利」タグがついた投稿

タグアーカイブ: 金利

キャッシングリボがショッピングリボより金利が高い理由

ショッピングカードには、キャッシング枠とショッピング枠でそれぞれお金が設定されており、その枠内でカードが利用できるようになっているわけであります。

キャッシングリボというのは基本的にショッピングリボよりも高い値段で設定されている会社というのが多いです。
その差については会社によって異なりますが、おおよそ2~3%くらいさがあるようなケースもあります。
なぜ、この二つは似ているようなものであるのに金利設定が違っているのでしょうか?

これは基本的なお金の支払い方が違ってくることに原因があります。
ショッピング枠というのは基本的に、商品を買ったときの値段を会社が立て替えるわけですが、支払いに関しては一括で支払うケースが多いわけです。
すぐにお金が返ってくる確率が高いですから金利は基本的に低めです。

逆にキャッシングリボ払いというのは、基本的に融資という形になり、返済に関しても一括ではなく長期的なお金の返済になりますので、
すぐにお金が返ってこないという言とそのリスクを考えるて、高めに設定されているというわけです。
同じようなものと感じていても、実はちょっとした違いや傾向がありますのでこういった金利面での差があるというわけです。

少額融資なら金利はあまり重要では無い!むしろ、返済方法の豊富さとサービスを重視!

銀行カードローンは大手消費者金融のカードローンに比べ、2%以上も金利が低いという特徴があります。最近では、営業エリアから離れた地域からの申し込みに対応する銀行も多く、消費者の選択肢は多岐にわたります。これは、コンビニATMや提携金融ATMの豊富さも影響しています。

ですが、金利が低いことは確かに総返済額を抑えられる重要ポイントではあるものの、少額融資を希望の場合はあまりメリットはありません。むしろ、より重要視することは返済方法の豊富さであり、銀行口座からの引き落し、提携ATMが手数料無料で利用出来るかです。

特に『手持ちの現金では足りない時に必要な分だけ借り入れする』といった場合は、金利よりも手数料を重視した方が得策です。例えば、1万円を金利14.5%と18.0%で借り入れする場合の利息差は、30日間で約28円しかありません。一方で、提携ATMを利用して借り入れしなければならないカードローンの場合、1万円の借り入れだけで108円の手数料が掛かってしまいます。

結果的に銀行カードローンよりも消費者金融のカードローンの方が、少額融資では少ない利息だけで済むというケースもあるため、銀行カードローンの方がお得とは言い切れないのが実態です。

あくまで金利を重視するのは、返済期間が長くなるケースであり、足りない時だけ借り入れするという場合においては提携ATMのサービスを重視する方が重要なことになります。また、使い方次第では、銀行口座から預貯金を引き出す手数料よりもキャッシングの方がお得になるケースもあるため、賢い利用をすれば無駄な出費も抑えられます。

キャッシング業者というのは比較できるところが

キャッシング業者にはいくつも種類があるわけではないのです。あくまでこれは金融業者になります。そして、細かい法律がきちんと決まっていますから、そこまで違いがない、ということもります。

金利に関してはいくらか例外はありますが18%が上限になります。これはかなり高いように見えるかもしれませんが、実はかなり昔から見れば下がっています。ですから、ある意味では借りやすくなった、ともいえるわけです。

そうはいってもやはり金利、利息はかなりの負担になりますから、覚悟しておくべきです。しかし、担保なし、保証人なし、ということで貸してくれることがそもそも凄いことなのです。ですから、そんなに贅沢なことはいっていられない、ということもあります。

キャッシング業者は色々と比較するところがありますがやはり金利が大事なことはどんな場合においても同じになります。ですから、どこでもよいから借りるということはしないほうがよいでしょう。

あくまで重要になってくることはいくつもあるのです。その要素を比較してしっかりと考えることが利用者側にもしっかりと求められるようになっています。ちなみにそんなに難しいことではないです。ネットでいくらでも情報を集めることが可能です。