ホーム » 「返済」タグがついた投稿

タグアーカイブ: 返済

おまとめローンを行うにあってのメリットや注意点

現在複数から借入を行っている方で、返済を行っても利息ばかりを返済し、元金がなかなか減らない、返済日がバラバラで面倒だという方にはおまとめローンを活用する手があります。

おまとめローンとは、複数の債務を一社にまとめることで全てのローン会社が行っているわけではありませんが、メリットとして債務を一本化することにより返済の予定が立てやすいことや、なにより金利が普通のローンに比べて安くなるという事です。

キャッシングを行っているローン会社でもおまとめローンを取り扱っている会社も多数存在しますので上記の理由でお悩みの方は利用することをお勧めします。

ただし、基本的におまとめローンというのは返済のみとなっていることが多いので、これからも借入を行いたいという方には注意が必要です。

早期返済を行いたい方にはいい条件が揃っていますので一度検討してみてはいかがでしょうか。

キャッシングの返済はどのようなところから行うのか

どのような形でキャッシングの返済を行うのかと言いますとまずは業者がやっている店舗内にあるATMなどから行うということになります。所謂、無人店というものがほとんどであり、そこで現金を入れることによって返済ができるようになっています。もう一つがネットから振込をするということで返済できるところも多くなっています。

そうすることによっていちいち店まで行く必要がなくなるというメリットがありますので利用する側としてはありがたいサービスの一つといえるでしょう。ちなみに振込手数料などは自前になりますのでその点は注意しておきましょう。コンビニATMなどからの振込みに関しても手数料がかかるので返済の時にはよく考える必要があります。

キャッシングの返済をするときの金額とは

今時は即日で融資をしてくれるキャッシング業者のほうが多いです。それ自体はよいことになりますが返すことも考える必要性があります。その毎月の返済額ですが、約定返済以外は基本的に自由です。つまりは、一回で返しても良いですし、複数回にすることも自由になります。但し、毎月、この金額だけは必ず利息と元本のために返済するように、とする約定返済分は相手に強制的に決められることになります。このときの金額なのですが個別に設定されている、というよりは表に当てはめられて決められていることが殆どになっています。

それが残高スライド方式というやつであり、例えば10万までの人はこの金額、10万円を超えて、15万円以内であればこの金額、という表があり、最低限の返済というのはこれによって決められていることが多いです。随時返済のほうに関しては自由です。特に制限ということはないです。最低単位はさすがにありますがとにかくこうした方法で多く返していくことによって、利息を減らすことができるようになります。キャッシングの金利は年利表示ですが実際の利息は日割りで計算されますから一日でも早く元本を僅かでも減らせるのであればそれにこしたはないのです。

キャッシングを返済するときの基礎知識

借りたお金はできるだけ早く返すに越したことはありません。利息が付いてしまう借りたお金であればなお更のことです。当たり前のことですが、金融機関からお金を借りた場合、利息を付けて返済しなければなりません。消費者金融系のキャッシングを利用すると20%を上限にした金利で利息が計算されることになります。

20%というのは法律により定められた上限金利であり、各消費者金融は20%以下で独自の上限金利を設定しています。多くの消費者金融は18%前後を上限金利としています。最初に消費者金融のキャッシングを利用すると上限金利をもとにして利息が計算すれますので、消費者金融のキャッシングを利用するときは18%前後の金利が適用されると思っておくとよいでしょう。

具体的な上限金利の値は各消費者金融によって微妙な差がありますので、それは公式サイトで確認しておくことをおすすめします。具体的な利息の計算は借りたお金の金額、つまり元本に金利を掛け、それに返済までの日数を掛け合わせ、その値を一年の日数で割ることで求められます。

このように利息は日割り計算となりますので、キャッシングで借りたお金は早く返すに越したことはないのです。近年では所定の返済期間内であれば利息のかからない無利息キャッシングもありますので利用してみると良いのではないかと思います。

おまとめローンの落とし穴は返済にあり!

おまとめローンはメリットの多い金融商品であることついては間違いありません。複数の金融機関からの複数の借入を一本化するのが、おまとめローンですが借金の管理が簡素化されたり、金利が下がったり、月々の返済額を減らすなどのおまとめローンの利用者のメリットがあります。

しかし、メリットの多いおまとめローンも落とし穴がないこともありません。それは、月々の返済額を少なく設定すると返済期間が伸びることになり、総返済額がおまとめローンを利用するよりも多くなってしまうというリスクがあるからです。月々の返済額を軽くすることは利用者にとってメリットですが、その為に返済額が増えてしまうことはデメリットです。

おまとめローンを利用する前に返済シュミレーションなどを活用して、おまとめローンのメリットを最大限に活用するための返済計画を組む必要があります。

せっかくのおまとめローンですから、しっかりとメリットとデメリットを検討して利用しましょう。

キャッシングの返済に対する気持ちと行動

私はいくつかの会社からキャッシングしています。

キャッシングの返済にはかなりの精神的苦痛を感じる事が多々あります。

毎月、返済しても

また借りれる事ができるや

という気持ちが出て、借りてしまって悪循環があったり、利息が無駄だなと感じすぎて、自分自身を責め過ぎたりしてしまいます。

キャッシングするのであれば、気持ちに余裕が持てる、計画性がしっかりしてる人は特に問題ありませんが、

色々な面でルーズな人は難しいかもしれません。

私はルーズな方で色々苦労しました。

そのおかげでルーズな部分が少なくなり、節約するようになり、今まで一切しなかった料理もするようになりました。

良く言えば、キャッシングのおかげで成長させて頂く事が出来ました。

敢えて、こういう成長の仕方を望むのであれば、ルーズな方には良いかもしれません。

今、住んでる場所がとても嫌な感じで引っ越したい、怪我で入院してしまった等で、色々な事で困り、キャッシングが気にしてる方は一度少ない額で試してみるのもありかもしれません。

なかなか減らないキャッシングの毎月の返済

私が毎月キャッシングの返済をしなくてはならなくなったのは、私の旦那がまだ結婚する前の付き合っている時に某会社のキャッシングをしてしまったからでした。

そもそもなぜキャッシングをしなければならなかったかと言うと、私への婚約指輪を買うためのお金も貯金もなく、泣く泣くキャッシングに手を出したそうです。

婚約してからそのことを知った私は、一緒に返済していくことにしました。

決して高くない私と旦那の給料の中からの返済は、なかなかキツイものでした。

でも、毎月滞ることなく、順調に返済していました。

だんだんと残っている分の金額も少なくなっていた所に

、旦那がパチンコでまたキャッシングしていたことが判明し、また返済額が上がったこともありました。

その返済も、払っていた分のおよそ3分の1が利息でした。

なので、「こんなに支払っているのに利息の分が多すぎる。」と、時には利息に腹が立ったこともありました。

利息の分がもったいないくらいでした。

なので、もうキャッシングはしないよう気をつけたいと思います。

フリーターによるキャッシング返済

職業がフリーターの方のキャッシングについて経験も踏まえて述べさせていただきます。

フリーターで、特に初めてのキャッシングをするという方はわからないこともあり不安もあるかと思います。

私も初めてのキャッシングは不安だらけでしたが、結果的にいうと全く問題ありませんでした。

「正社員でもないから断られるかな」と思う方もいると思いますが、フリーターでキャッシングを利用されている方は多数いらっしゃいます。(自分の知り合いにも何人もいました。)

また、安定収入がある方よりはフリーター等給料が不安定な方がキャッシングは役に立つと思います。すぐに利用する場合でなくとも急な出費に備えてキャッシング出来るようにしておくのも大切だと思います。

審査についてもアルバイト先への連絡がつくようであれば、「フリーターだから」といった理由で断られることも無いかと思います。

利用する場合にきちんと毎月の返済額が生活に支障を与えないかをよく考えておけば、フリーターの方にもキャッシングは便利で強い味方になってくれると思います。