ホーム » 「申し込み」タグがついた投稿

タグアーカイブ: 申し込み

申し込み時の心理的負担が少ないJ.Score(ジェイスコア)

キャッシングはとくに初めて利用する場合に、お金を借りてることや返済が必要になることへの心理的負担も少なくありません。

計画的に返済することができれば必要以上に不安を感じる必要もないのですが、借金をするということはそれだけで負担を感じるものです。

そのような場合にはキャッシングにAIスコア・レンディングを導入している金融機関、J.Score(ジェイスコア)を利用することで負担が軽減できるかもしれません。

J.Score(ジェイスコア)はAIによるスコア診断を通して利用者の信用情報に関するスコアを測定し、そのスコアに合わせてキャッシングが可能かどうかの判定や利息などが決まります。

診断はすべてAIが行なうためすぐに結果が分かり、スコア診断をしたら必ずキャッシングをしなければならないというわけではないので手軽に試すことができます。

キャッシングの申し込みと近年の注意点

現在では携帯電話が著しく進歩していますしインターネットも発達していますので、キャッシングの申し込みも可能なケースが多く見られます。しかしこれが新たな問題を発生させる要因になっていて、特に近年ではスマートフォンの普及によってこの問題が大きなものになりつつあります。

スマートフォンの普及によって発生した問題とは入力ミスが最大の物になっていて、例えば指が滑ってしまったりするケースが見られますしタップする場所を間違えてしまったりなどの問題があるとされています。

そして基本的に消費者金融などでは申込書に虚偽の記載がされていた場合にはほぼ100パーセント審査に落とされてしまいますし、悪質だと判断された場合には訴訟などの非常に大きな問題に発展する事もあります。

なのでいくら便利になったからと言って携帯電話から申し込みする事は危険な一面があるとされていて、できればその場で間違いを訂正できる店頭での申し込みの方が安全性は高いと言えます。

なお誰にも申し込みしている姿を見られたくないと言う方であれば携帯電話からの申し込みも良いのですが、その時には慎重に入力すると共に間違いがないかどうかをじっくりと確認してから送信する事が重要になります。

キャッシングの申し込みをする時の注意点

キャッシングの申し込みをする時は自動契約機かネットが主流になっていますが、注意したい点があるのでしっかり把握しておく必要があります。注意しないで申し込みをしてしまうと審査などで問題が生じてしまいお金を借りる事が出来なくなる可能性もあります。確実にお金を借りるためにキャッシングの申し込みをする時の注意点を確認していきましょう。

・職場の電話番号を正確に記入する

キャッシングの申し込みをする時に必要項目を記入しますが、特に職場の電話番号を間違えて記入してしまうと在籍確認の電話をかけた時に繋がらなくなってしまいます。それで在籍確認が取れないので審査が否決されてしまいます。在籍確認が取れないと審査が可決されないので職場の電話番号を正確に記入するようにしましょう。

・年収の3分の1以下の借入希望額を申請する

キャッシングの申し込みをする時に借入希望額の申請をしますが、消費者金融は総量規制の対象になっているので年収の3分の1以上の借り入れをする事が出来ません。多額の借り入れを希望してしまうと総量規制に接触してしまうので審査が否決されてしまいます。借入希望額は年収の3分の1以下の金額を申請するようにしましょう。

キャッシングの申し込みをする時の注意点はこのようにあるので申し込みをする前にしっかり確認しておきましょう。