ホーム » 「審査」タグがついた投稿

タグアーカイブ: 審査

キャッシング審査に落ちてしまう理由

消費者金融での融資を受ける時に、必ず必要になるのが審査です。この審査に合格しないと融資を受けることができず、惨めな思いをしてしまいます。申し込みにおいて安定した収入、住所などの個人情報はきちんとしていないと、審査が通らないことがあります。

引っ越しを繰り返している、今現在で仕事をしていない、個人情報に誤りがある、また過去において借金の滞納などの記録が残っていたりすると、厳しい結果が出てしまうかもしれません。大手の消費者金融の業者では、クイック審査のように、ホームページで審査が通るかどうかの見極めができるセルフでのチェック部分がありますので、そうしたところで自分が審査を通過して融資を受けられるかどうか確かめることができるでしょう。

おまとめローンの審査で勤続年数を重視する理由は?

おまとめローンの審査では過去の返済履歴や現在の債務残高を確認しますが、勤続年数も重視している傾向があります。勤続年数に関してはあまり関係ないと思われがちですが、なぜ重視しているのか紹介していくのでおまとめローンを利用する時に参考にしてみて下さい。

おまとめローンは複数の業者からの借り入れを一本化するので継続的に返済していける人なのかどうかを確認します。そのため今後も仕事を続ける人なのかどうかを判断するために勤続年数を重視するのです。勤続年数が長ければ今後も仕事を続けていると判断されておまとめローンの審査でも有利になります。しかし勤続年数は1年未満だと仕事を辞めてしまう可能性もあると判断されて審査で不利になる事もあります。

カードローンの審査通過率は5割にも満たない

審査に通りやすい大手消費者金融でも、実際に審査に通るのは約4割強の人です。
半分以上の人が審査に落ちるのは驚きですが、金融機関に何故審査に落ちたのか尋ねても一切教えてくれません。
その理由は、現在ネット社会の世の中ですから、何故審査に落ちたのか教えてしまったためにマニュアルが出回って、不正契約されるのを防ぐためだと考えられます。
ですからある程度審査に落ちたという人の口コミを頼りに、その原因が出回っています。

カードローンの審査に落ちる人の特徴は、いい加減な人間の場合が多いです。
例えばすでに他社から年収の3分の1以上借りていたり、過去に金融事故を起こして金融ブラックの人などです。
また申し込み時の記入事項を嘘をついてオーバーに書いたり、誤字脱字だらけで本人に信用が全くない場合です。
金融機関も命の次に大事なお金を貸すわけですから、ちょっとでも怪しいと思われる人に貸す必要はありません。

ですから審査に通るコツは、嘘偽りなく正直に申し込むことです。
さらに転職したばかりなら最低1年は継続勤務してから申し込む、収入に見合った希望額で申し込むなどのテクニックも必要です。こうすれば多少なりとも審査に通過する確率は上がるはずです。

正社員じゃなくてもキャッシングはできる?

どの金融機関でキャッシングを行なうにしても、借り入れの前には審査が行われます。

金融機関も返済の目処が立たない利用者にお金を貸すことはできないため、審査に通過するには自身に安定した収入があることを証明する必要があります。

そのため学生やフリーター、主婦の方など、パートやアルバイトをしている人の中には収入が少ないためキャッシングを行なえないのではないかと思っている方もいるのではないでしょうか。

しかしそんなことはありません。

近年では働き方が多様化し、非正規雇用で働く方も多くいらっしゃいます。

しかし非正規雇用であっても長期的に安定した収入がある方もたくさんいるはずです。

たしかに収入が少ない方であれば高額のキャッシングを行なうことは難しくなりますが、少額の借り入れであればパートやアルバイトであっても定期的に収入があればキャッシングを行なうことができる可能性は十分にあるのです。

冠婚葬祭や生活費など、急にお金が必要な場合や一時的な借り入れを行ないたい場合には、一定期間無利息でキャッシングが行える消費者金融などもあるので、知っておくだけでもいざというときに有効に活用できるかもしれません。

ただしキャッシングには利息が付いてまわるため、借り入れ額や返済期間を決めておかないと思わぬ損をすることもあります。

キャッシングの際には事前に返済計画を立てて上手に利用するようにしましょう。