ホーム » 「キャッシング」タグがついた投稿

タグアーカイブ: キャッシング

キャッシング審査に落ちてしまう理由

消費者金融での融資を受ける時に、必ず必要になるのが審査です。この審査に合格しないと融資を受けることができず、惨めな思いをしてしまいます。申し込みにおいて安定した収入、住所などの個人情報はきちんとしていないと、審査が通らないことがあります。

引っ越しを繰り返している、今現在で仕事をしていない、個人情報に誤りがある、また過去において借金の滞納などの記録が残っていたりすると、厳しい結果が出てしまうかもしれません。大手の消費者金融の業者では、クイック審査のように、ホームページで審査が通るかどうかの見極めができるセルフでのチェック部分がありますので、そうしたところで自分が審査を通過して融資を受けられるかどうか確かめることができるでしょう。

意外に簡単、便利!?初めてキャッシング体験記

キャッシングなんて、自分には縁がないことだと思っていた。そんな私がキャッシングを利用したのは、社会人1年目の5月に幼馴染の結婚式に呼ばれた時。おめでた婚での結婚のため、最後まで挙式をするかどうか両家の意見が合わなかった。

だから急な誘いになって申し訳ないが、来れるなら来てほしい-と、言われたのは挙式まで1ヵ月を切っていた。地元までの交通費とご祝儀でウン万円。ボーナスなんてまだもらってない!そのお金を出したら家賃が払えない!と思ったがそんなのはおくびにも出さずに、「もちろん喜んで出席するよ」と返事をした。

それからいろいろ調べ、給与振込の銀行系列のキャッシングなら、審査の電話もなく、返済も銀行のATMで可能と知って気が楽になった。必要な金額だけ借り、ボーナスと次の給料で返済した。ついた利息は1,000円ちょっと。意外と安い利息だったのをよく覚えている。

キャッシングの返済はどのようなところから行うのか

どのような形でキャッシングの返済を行うのかと言いますとまずは業者がやっている店舗内にあるATMなどから行うということになります。所謂、無人店というものがほとんどであり、そこで現金を入れることによって返済ができるようになっています。もう一つがネットから振込をするということで返済できるところも多くなっています。

そうすることによっていちいち店まで行く必要がなくなるというメリットがありますので利用する側としてはありがたいサービスの一つといえるでしょう。ちなみに振込手数料などは自前になりますのでその点は注意しておきましょう。コンビニATMなどからの振込みに関しても手数料がかかるので返済の時にはよく考える必要があります。

学生ならではキャッシング審査基準

学費や就活でお金が足りなかったり親には頼れなかったり学生ならではの理由がありお金を借りたい時があると思います。

そんな学生ならではの審査基準をここで紹介していきたいと思います。

まず未成年の方は申し込みできないところが過半数のようです。そしてアルバイトなどの収入がないと審査は通過しません、ですが数少ないですが親御さんからの1年間の中での仕送り額が300万円以上であることや両親の年収を申告していただきそこから審査をするという会社もあるようです。

キャッシングするにあたって親御さんの連絡先を聞かれることはないので親を頼りたくないとキャッシング申請をしたい方も安心して申し込みができます。

学生特有の審査基準は少し厳しめの所が多いですが気になったら一度申請をしてみることをおすすめします。

自動契約機でキャッシング申込する時の注意点

色んなキャッシング申込の方法がある中、現在多くの人が実施している方法が自動契約機を利用したキャッシング申込になります。無人契約機を利用した申込方法になっていて、あっという間に申込をすることができます。消費者金融や銀行によって、どのくらいの時間必要になってくるのか若干異なっています。それでもスピーディーに申込をすることができ、手続きを進めてくれるので心強い存在になっています。ただ必要な書類を準備しておかないと手続きをしてもらうのが難しくなります。特に運転免許証や健康保険証などの身分証明証に加えて、状況によっては源泉徴収票や確定申告などの収入証明証も必要です。これらの書類を準備することで、融資しても大丈夫なのかどうか判断してもらえます。

キャッシングの限度額はどうやって決まるのか

キャッシングでは限度額というものが設けられており、借りられるお金の上限があらかじめ決められています。ではその限度額の金額がどのように決められているのかというと、それは年収の額や信用度などによって決められていると言えるでしょう。特に消費者金融の場合は総量規制という決まりがあり、年収の3分の1までしか融資出来ないことになっています。

そして年収に関しては、最初に利用する場合は取引の実績や信用がないため、年収の高い低いにかかわらず、限度額は低めに設定されるのが一般的だと言えるでしょう。ただし、限度額の増額を希望する場合は、年収が低いアルバイトなどより年収が高い方が有利になり、増額に応じてもらいやすいということが言えます。

枠の利用の仕方に注意をしましょう

キャッシングをするときの注意点として、枠の使い過ぎがあります。キャッシングはいくらでも借りることができると言うわけではなく、必ず利用限度額が設定されています。この利用限度額を超えて現金を借り入れすることができません。

注意をしておきたいのは、返済が完了するまで新しい増額をすることができないと言うことで、クレジット会社の締め日が基準ではなく、返済が完了した日が基準になります。クレジット会社の締め日は、引き落としの日よりも8回以上前に設定されていることが多く、この期間は新しい借り入れができないので注意が必要です。キャッシングをするのであれば、限度額を考えて使うことが大切です。増額したい場合は、事前に申請をしておきましょう。

キャッシングの返済日は忘れずに覚えておきましょう

キャッシングの返済には毎月一日だけ、決まった日に返済しなければならないという決まり事があります。通常、その日のことを返済日と呼ばれています。返済日はキャッシングに申し込んだ日によって設定されることになります。返済日には決められた額のお金を必ず返済しなければならないので忘れないようにしておく必要があります。返済日を忘れても困らないように、金融機関口座から自動で返済できるようにしておくことも検討されるといいでしょう。返済日に返済を忘れてしまうと信用に傷が付いてしまうことになります。

そうなると次にキャッシングが必要なときにキャッシングできなくなってしまうことも考えられます。借りたお金は利息を付けてきちんと返済しなければなりません。キャッシングの利用を開始したら、返済日がいつなのか常に頭の中に入れておくようにしましょう。