ホーム » 「カードローン」タグがついた投稿

タグアーカイブ: カードローン

カードローンを解約しないとローン審査で不利になる

カードローンは限度額の範囲で繰り返し使えて便利なものですが、返済が終わって次に使う予定がない場合は、ローン契約自体解約したほうがいいのをご存じでしょうか。

クレジットカードについているキャッシング枠も、これとまったく同様です。海外に行くと現地通貨が有利なレートで引き出せて便利ですが、使わないキャッシング枠まで持っておく必要はありません。

なぜ解約したほうがいいかというと、カードローンやクレジットカードのキャッシング枠は、持っているだけで常に限度額全額を借りていることになるからです。

個人信用情報に、常時借金をしている記録が載っていると、住宅ローンや自動車ローンなど、高額ローンを組むとき不利になることがあるのです。

総量規制の対象外となるのはどんなとき?

貸金業法では総量規制といい、年収の3分の1までしか借入れできないという規制があります。貸金業者が50万円以上の貸し付けを行うとき、または他の貸金業者との借り入れの合計が100万円を超える貸し付けを行うときには、収入を明らかにする書類の提出を求められます。

書類を確認し、年収の3分の1を超えていないかを確認されます。しかし、総量規制には例外があります。例外はどういう場合かというと、不動産購入時や自動車購入時などの自動車担保貸し付けなどが当てはまります。貸し付けとしての残高があっても、総量規制の残高として計上されません。住宅ローン・マイカーローンの残高があっても、カードローンの残高とは別のものと考えられますので、ご安心ください。

無利息でカードローンを利用するメリットとは

キャッシングやカードローンは現代人がお金を用立てる手段としてポピュラーですが、初回利用者には通常よりもお得なサービスが用意されています。それは一定期間無利息で借り入れが出来るというものです。初回利用が条件ですが、最大30日間無利息にするというサービスは、初めてキャッシングをする人々にとっては安心して使える切っ掛けになります。

最大30日間無利息のカードローンを活用する事で、利用者は返済の負担を減らして計画的に借り入れするというプランを立て易くなるのが利点です。無利息期間が過ぎてからも継続して利用する予定であるなら、同時に借入利率が低いカードローンを展開している銀行や信用金庫などを探しておくのも良いでしょう。

近畿大阪銀行の二つのカードローン

近畿大阪銀行には、カードローンがありますが、カードローンは一つだけではなく二つのカードローンがあります。

一つはプレミアムカードローンです。こちらは最大で800万円まで借入限度額があるパターンで

多くのお金を借入したいときにはこちらのものを利用するとおすすめの状況になっています。

住宅ローンを利用していると、金利が0・5パーセント安くなるといった特典もついています。

もう一つはクイックカードローンというもの。こちらの最大の特徴は審査時間が最大で2時間で終了するという点。

借入限度額は200万円までとなっていますが、プレミアムカードローンよりもかなり早く借り入れができるようになっていますので

少しでも早めに借入したいときにはこちらをお勧めできます。

その他にもプレミアムカードローンと比べて、上限年齢が65歳までと引き伸ばされていたり、専業主婦や年金受給者も

借り入れができます。

どちらも、上限金利が12.475%とかなり低金利で利用ができるところがあると思われます。

近畿大阪銀行の口座を持っている人なら、どちらも個人個人のニーズに合わせて利用がしやすいように、カードローンが選べられるのではないかと思います。

銀行ローンはカードローン以外にカーローンもおすすめです!

銀行ではカードローンや学資ローン、住宅ローン、また企業向けの個別貸付など幅広い種類の融資を扱っています。この中で、まずカードローンは消費者金融などの金融業者を利用するより低金利なことがほとんどで、金利を第一に考えるならおすすめだと言っていいでしょう。

そして、次におすすめなのがカーローンです。これはその名前の通り、主に自動車の購入の為のローンで、場合によっては免許の取得費用としても利用できますが、特に中古車の購入時にはとてもおすすめになります。

と言うのは、新車をディーラーから購入する時は特別なローンが利用できるので、年利1%や2%という低金利でローンを組むことができますが、中古車の購入時に販売業者が用意しているローンは年利8%などのかなり高い金利のローンのことがほとんどです。それを利用するより、銀行のカーローンなら概ね2~3%程度で車の購入必要なお金を借りることができます。

このカーローンの利用には申込みをする銀行がそのようなローンを扱っていることはもちろん、購入する車の見積書や契約書などが必要になります。総量規制とは無縁なので、高額の借り入れを行うことも可能です。中古車の購入には是非この銀行のカーローンの利用を考えてみてください。

みずほ銀行カードローンの限度額を設定する時の2つのポイント

みずほ銀行カードローンは低金利で限度額が高い銀行カードローンです。特に限度額は最大1000万円までとなっているので多額の借り入れをする時にも適しています。しかし限度額は年収によって設定される金額も異なってくるので注意が必要です。

そこでみずほ銀行カードローンの限度額を設定する時にどのような点がポイントになっているのか見ていく事にしましょう。

みずほ銀行カードローンの審査でマイナスの要素がなかった場合は年収の20%前後で設定される事が多いです。しかしマイナスの要素があった時は年収の10%前後で設定されてしまいます。審査の内容によって設定される限度額が低くなる可能性もあるのでしっかり覚えておく必要があります。

みずほ銀行カードローンの審査では年収だけでなく勤続年数も重視しています。同じ年収の人が同時に審査を受けた時に勤続年数が異なっていると限度額の設定も異なります。勤続年数が長い人の方が信用されるので限度額の設定も高くなります。また勤務先の規模や雇用形態で限度額の設定が異なってくる事もあります。

みずほ銀行カードローンの限度額を設定する時はこのような点がポイントになってくるので基礎知識としてしっかり頭に入れておきましょう。