ホーム » 2019 » 2月

月別アーカイブ: 2月 2019

毎日2000円を財布にポンッ!貯めるのが嬉しくなる貯蓄法

私は数年前まで何でもクレジットカード払いにしていました。毎月の明細もろくに見ず、一体いくら預貯金があって、いくら使ったのかがわからないような生活をしていました。

そんなだらしのない生活から抜け出したくて、まず始めたことが支払いを基本的に現金とすることです。そうすることで、食費、光熱費、嗜好品などにどれだけ使ったのか実感できました。

次に始めたのが、貯蓄のためのお金の管理です。まず、給与日になったら、定期的な支払のためのお金を除くすべての金額を1000円札で引き落としました。そして、1日の小遣いを2000円と決めて、月曜日から毎日財布の中にお金を入れました。お金を使うことがなければ、水曜日に6000円、土曜日には12000円となります。

どんどんお金が財布の中で溜まっていくと「減らしたくない」という気持ちが大きくなり、自然と無駄な出費は減りました。日曜日の夜に使わなかったお金はすべて預貯金するようにし、月曜日にまた2000円からスタートを切ることで、高額商品を買わないように自分を律することもできました。

この方法だと毎日財布にお金が入るので気分も上がります。楽しくなれば、自然と長続きするのでどんどん貯蓄も溜まっていきます。

自分のストレスが小さく、楽しく貯められる方法を見つけることが貯蓄への大きな一歩です。様々な貯蓄法を試してみて自分のライフスタイルに合う方法をまずは見つけましょう。

しっかり貯蓄するなら銀行は使い分けしよう

今はインターネットを利用してお金を管理することが出来るインターネットバンクが様々でてきています。インターネットバンクの方が振込手数料が安かったり貯蓄の利息が高かったりというメリットがあるため、インターネットバンクの方がお金が貯まりやすいイメージがあります。

実際店舗を保有している銀行は店舗の維持管理費がかかるため利率は低く、各種手続きの手数料は高めに設定されています。しかしインターネットバンクに預けておけば必ず貯蓄が増えるというものでもありません。インターネットバンクはスマホやタブレットなどでお金の管理が出来る便利さからインターネットでの物品購入や振込などが気軽にできるため、お金の出し入れも激しくなってしまう傾向があります。

しっかり貯蓄したいのであれば貯蓄する銀行と普段使う銀行は分けておきましょう。貯蓄を考えている銀行は利率の高い銀行を選び、1度入金したらなるべく引き出さないようにします。

一方普段使用する銀行は利率より各種手続きの手数料の安い銀行を選びます。一般的にインターネットバンクは一般の銀行に比べて手数料は休めに設定されているところが多いのですが、さらに自分の銀行の利用の仕方を分析して手数料が安く済む銀行を選ぶことで節約にも繋がりより貯蓄が増えていきます。