ホーム » 2019 » 1月

月別アーカイブ: 1月 2019

意外に簡単、便利!?初めてキャッシング体験記

キャッシングなんて、自分には縁がないことだと思っていた。そんな私がキャッシングを利用したのは、社会人1年目の5月に幼馴染の結婚式に呼ばれた時。おめでた婚での結婚のため、最後まで挙式をするかどうか両家の意見が合わなかった。

だから急な誘いになって申し訳ないが、来れるなら来てほしい-と、言われたのは挙式まで1ヵ月を切っていた。地元までの交通費とご祝儀でウン万円。ボーナスなんてまだもらってない!そのお金を出したら家賃が払えない!と思ったがそんなのはおくびにも出さずに、「もちろん喜んで出席するよ」と返事をした。

それからいろいろ調べ、給与振込の銀行系列のキャッシングなら、審査の電話もなく、返済も銀行のATMで可能と知って気が楽になった。必要な金額だけ借り、ボーナスと次の給料で返済した。ついた利息は1,000円ちょっと。意外と安い利息だったのをよく覚えている。

おまとめローンの審査で勤続年数を重視する理由は?

おまとめローンの審査では過去の返済履歴や現在の債務残高を確認しますが、勤続年数も重視している傾向があります。勤続年数に関してはあまり関係ないと思われがちですが、なぜ重視しているのか紹介していくのでおまとめローンを利用する時に参考にしてみて下さい。

おまとめローンは複数の業者からの借り入れを一本化するので継続的に返済していける人なのかどうかを確認します。そのため今後も仕事を続ける人なのかどうかを判断するために勤続年数を重視するのです。勤続年数が長ければ今後も仕事を続けていると判断されておまとめローンの審査でも有利になります。しかし勤続年数は1年未満だと仕事を辞めてしまう可能性もあると判断されて審査で不利になる事もあります。

クレカ現金化のリスクとキャッシング関連でのデメリット

クレジットカード現金化は借金ができないときの手段で用いられるケースがありますが、クレジット会社にばれるとキャッシングにも影響が出ます。

ばれた時には、もちろんクレジットカードの強制解約をされるのですが、債務整理ができなくなる可能性がでるデメリットもあります。

現金化によって、信用情報に記載されるため、債務整理をしたくても情報公開がされてしまうことにより、業者側も借金の踏み倒しが起こる懸念を持つからです。

当然、影響はキャッシングやクレジットカードの新規の申し込みにも影響が出ます。

その他にも、現在背負っている分の債務も全額返済を求められますので、借金という形でそのままできてしまうのです。

キャッシング関連でも影響が大きいので注意しましょう。