ホーム » 申込み

申込み」カテゴリーアーカイブ

高校卒業したらクレジットカードに申し込もう

センター試験も終わりいよいよ受験シーズンの真っ只中に突入しました。

幸運にも志望校に入学できた方は、春にはばら色の学生生活が待っています。

そんな新入生のためにクレジットカードのメリットを紹介します。

まずクレジットカードは高校卒業後に契約することができます。

晴れて新入生や新入社員になると、クレジットカードの1枚でも作っておいて損ではありません。

ポイントは貯まるし、社会的信用も得られます。それにクレジットカードの利点は、キャッシング機能があることです。

キャッシング機能とは、クレジットカードでお金を借りられることです。

新入生でも10万円くらいまでなら認められる可能性は高いです。

キャッシング枠が認められるためには、学生でもアルバイトで毎月定期的に収入があることが条件となります。

そのアルバイトも少なくとも半年間は続けないと認められないので、キャッシング枠が認められるのは早くても秋口になるでしょう。

キャッシングを行う前に比較したいポイント

キャッシングは業者選び次第で大きく変わりますから、いくつかの業者サービスを深くして決めた方が有利です。
初めて利用する方は何をポイントに置いて比較して良いか判断に迷いますから、インターネットの比較サイトを利用するのはおススメと言えます。

こうした比較サイトでは、審査時間、借入限度額、金利設定、他にも各種サービスの取り扱い項目等、チェックリストが付いて検索出来る仕組みです。
利用者が求めているサービスにチェックを入れて、その上で検索すれば求めている業者を絞り込む事が出来ますから、そこからさらに細かい部分を比較していくと失敗するリスクが少なくなります。

多くの方は金利設定、無利息や即日サービスの取り扱い、こうしたポイントをチェックしますが、それ以外にも来店不要なのか、パートやバイトでも利用出来るのか、土日祝日でも対応しているのか、利用者によって細部の求める部分は変わるものです。

ですから、まずは譲れないポイントを把握してから、ネット検索で絞り込みを行い、さらに細部の求めるサービスをチェックしていく流れが、キャッシング比較を行う上で有効になります。
そうすれば実際に利用していて、思惑とは違ったという事を防ぎ、納得したキャッシングが行えるものです。

キャッシングの申し込みをする時の注意点

キャッシングの申し込みをする時は自動契約機かネットが主流になっていますが、注意したい点があるのでしっかり把握しておく必要があります。注意しないで申し込みをしてしまうと審査などで問題が生じてしまいお金を借りる事が出来なくなる可能性もあります。確実にお金を借りるためにキャッシングの申し込みをする時の注意点を確認していきましょう。

・職場の電話番号を正確に記入する

キャッシングの申し込みをする時に必要項目を記入しますが、特に職場の電話番号を間違えて記入してしまうと在籍確認の電話をかけた時に繋がらなくなってしまいます。それで在籍確認が取れないので審査が否決されてしまいます。在籍確認が取れないと審査が可決されないので職場の電話番号を正確に記入するようにしましょう。

・年収の3分の1以下の借入希望額を申請する

キャッシングの申し込みをする時に借入希望額の申請をしますが、消費者金融は総量規制の対象になっているので年収の3分の1以上の借り入れをする事が出来ません。多額の借り入れを希望してしまうと総量規制に接触してしまうので審査が否決されてしまいます。借入希望額は年収の3分の1以下の金額を申請するようにしましょう。

キャッシングの申し込みをする時の注意点はこのようにあるので申し込みをする前にしっかり確認しておきましょう。

専業主婦のキャッシング利用ではレディースキャッシングがオススメ

専業主婦の方が消費者金融でお金を借りるのであれば、レディーキャッシングがある会社が望ましいと思います。専業主婦の方は、こういった会社からお金を借りる機会がそもそも多くないですし、初めて借りるということを検討している方も多いはずです。

初めての場合に、消費者金融への不安や恐怖を打ち消すには、こういったレディースキャッシングがオススメなのです。これは有名な消費者金融ならば受けられることが多いですが、女性だけを対象にしたもので、もちろん専業主婦も入ります。

非常に柔らかい印象で、暖かく迎えてくれて、分からないことも親身になって教えてくれるので、非常に心地よく利用ができると思います。基本的に男性はかかわりません。オペレーターが女性となっており、女性としか基本的に会話しないので、安心感も大きいと思います。

レディースキャッシングを利用しないと確実に損になるとは言いがたいものの、申し込むときの緊張感とかが緩和されて、気持ちよく利用できる確率がより高くなると思いますから、知っておくと良いですね。

正社員じゃなくてもキャッシングはできる?

どの金融機関でキャッシングを行なうにしても、借り入れの前には審査が行われます。

金融機関も返済の目処が立たない利用者にお金を貸すことはできないため、審査に通過するには自身に安定した収入があることを証明する必要があります。

そのため学生やフリーター、主婦の方など、パートやアルバイトをしている人の中には収入が少ないためキャッシングを行なえないのではないかと思っている方もいるのではないでしょうか。

しかしそんなことはありません。

近年では働き方が多様化し、非正規雇用で働く方も多くいらっしゃいます。

しかし非正規雇用であっても長期的に安定した収入がある方もたくさんいるはずです。

たしかに収入が少ない方であれば高額のキャッシングを行なうことは難しくなりますが、少額の借り入れであればパートやアルバイトであっても定期的に収入があればキャッシングを行なうことができる可能性は十分にあるのです。

冠婚葬祭や生活費など、急にお金が必要な場合や一時的な借り入れを行ないたい場合には、一定期間無利息でキャッシングが行える消費者金融などもあるので、知っておくだけでもいざというときに有効に活用できるかもしれません。

ただしキャッシングには利息が付いてまわるため、借り入れ額や返済期間を決めておかないと思わぬ損をすることもあります。

キャッシングの際には事前に返済計画を立てて上手に利用するようにしましょう。

ノーローンのキャッシングの特徴とメリット

新生銀行カードローンレイクと同じ新生銀行のグループ会社であり、魅力的なキャッシング商品の取扱をしている大手消費者金融としても有名なのがノーローンとなります。ノーローンでは短期的な借入が非常にお得にできるサービスを実施ている他、多くの人が手軽に申し込めるキャッシング商品を取り扱っています。ノーローンの商品にはどのような特徴やメリットが有るのでしょうか。

・利息と理想限度額について

実質年率は4.9%から18.0%となっていて、利用限度額については1万円から300万円までとなっています。なお利用限度額を50万円までとして申込を行った場合には契約の際に収入証明書類の提出が不要となります。

・無利息期間について

ノーローンでは借入日の翌日から1週間の間は無利息期間となっていて、金利ゼロでの借り入れができます。なおこの1週間の無利息期間が利用できるのは1度だけでなく、完済した翌月には再び1週間無利息で借り入れができます。

・ポイントについて

ノーローンでは予め会員専用サービスからポイントサービスへの参加登録を行うことで、返済時の支払利息に応じてポイントが貯まるという特典があります。貯めることができるポイントについては、「楽天スーパーポイント」「ネットマイル」「Gポイント」の3種類の中から好きなものを選ぶことができます。

専業主婦が楽天銀行カードローンを契約する場合の条件など

年収の3分の1を超える借入を制限する総量規制という法律が制定されてからは、自分自身に安定した収入がない専業主婦が消費者金融などの金融事業者を利用してキャッシングを行うことは非常に難しくなってしまいました。しかし総量規制対象外のローンサービスを提供している、銀行などの金融機関のサービスであれば、総量規制対象外となっているので、年収に関係なく借り入れができます。特にインターネットから手軽に申し込みができ、来店不要でカードローン契約ができる楽天銀行カードローンならば、比較的容易かつお得な借り入れができるので、専業主婦におすすめとなります。

ただし、同サービスを専業主婦が申し込む場合には、通常の申込とは契約の条件が異なるので、注意を払う必要があります。

まず金利面についてですが、通常の申込であれば実質年率が1.9%から14.5%という設定になっているのに対し、年14.5%の固定制金利になります。

また利用限度額に関しても制約があり、通常の申込であれば最大800万円まで利用できるところが、最大で50万円までの契約の条件となっているのです。

なお、その分審査にかかる手間は少なく、契約の際には自身の年収証明書が不要なのはもちろん、配偶者の年収証明書も不要なので、手軽に申し込みができると入っても過言ではありません。

キャッシング業者というのは比較できるところが

キャッシング業者にはいくつも種類があるわけではないのです。あくまでこれは金融業者になります。そして、細かい法律がきちんと決まっていますから、そこまで違いがない、ということもります。

金利に関してはいくらか例外はありますが18%が上限になります。これはかなり高いように見えるかもしれませんが、実はかなり昔から見れば下がっています。ですから、ある意味では借りやすくなった、ともいえるわけです。

そうはいってもやはり金利、利息はかなりの負担になりますから、覚悟しておくべきです。しかし、担保なし、保証人なし、ということで貸してくれることがそもそも凄いことなのです。ですから、そんなに贅沢なことはいっていられない、ということもあります。

キャッシング業者は色々と比較するところがありますがやはり金利が大事なことはどんな場合においても同じになります。ですから、どこでもよいから借りるということはしないほうがよいでしょう。

あくまで重要になってくることはいくつもあるのです。その要素を比較してしっかりと考えることが利用者側にもしっかりと求められるようになっています。ちなみにそんなに難しいことではないです。ネットでいくらでも情報を集めることが可能です。