ホーム » 貯蓄 » むやみな断捨離は、お金の無駄遣いを呼ぶ

むやみな断捨離は、お金の無駄遣いを呼ぶ

気がつくと、物が多くて、片付けても、すっきりしない、そんな悩みがありました。

そこで、引っ越しすることをきっかけにして、断捨離を決意しました。

引越し先を決めたら、すぐに引っ越しの日が決まったので、断捨離する時間は1週間ぐらいになりました。

それからは、これから先1年の間に使わないと思われるものは、どんどん捨てていきました。

お金になりそうなブランド品の靴やバックは、結構な値段で売れたので、節約以上だと、ホクホクしていました。

本や使っていない調理家電はブックオフに買い取ってもらい、残りの値がつかない、本、洋服、CD,ゲームソフトなど、どんどん捨てました。

すっきりしたと感じて、無事に引っ越しが終わりました。

新居も片付いたままで、快適な生活です。

しかし、色々と不便なことが見つかりました。

例えば、靴とバックです。急な結婚式があり、来ていく服はあるものの、合わせるバックと靴がありません。

結局、レンタルしたのですが、前に買い取ってもらった金額の殆どを使うことになりました。

お祝いごとは断わることもできますが、それだと、人とのお付き合いやライフスタイルを変えなければなりません。

断捨離は、自分の価値観をしっかり持たないと、節約の意味がないと思いました。