ホーム » カードローン » クレカ現金化のリスクとキャッシング関連でのデメリット

クレカ現金化のリスクとキャッシング関連でのデメリット

クレジットカード現金化は借金ができないときの手段で用いられるケースがありますが、クレジット会社にばれるとキャッシングにも影響が出ます。

ばれた時には、もちろんクレジットカードの強制解約をされるのですが、債務整理ができなくなる可能性がでるデメリットもあります。

現金化によって、信用情報に記載されるため、債務整理をしたくても情報公開がされてしまうことにより、業者側も借金の踏み倒しが起こる懸念を持つからです。

当然、影響はキャッシングやクレジットカードの新規の申し込みにも影響が出ます。

その他にも、現在背負っている分の債務も全額返済を求められますので、借金という形でそのままできてしまうのです。

キャッシング関連でも影響が大きいので注意しましょう。