銀行カードローンは保証会社次第です

消費者金融よりも金利が低く、返済が楽に感じやすい銀行カードローンは、銀行法に基づく貸付が行われているので総量規制の影響を受けません。高収入で意欲的に仕事をしている状況であれば、銀行カードローンの審査にも通りやすくなるでしょう。有担保ローンに実績がある銀行は、無担保ローンとして展開されているカードローンを即日審査するには実績が不足しがちです。

そこで利用されているのが、保証会社として傘下または提携関係にある信販会社や消費者金融に入ってもらい、実質的には保証会社が貸付審査を行なう方式が多くの銀行カードローンで採用されています。貸金業法が改正されて苦境にある信販会社や消費者金融を助ける意味合いがあり、銀行にとっても長期延滞時には保証会社に対して代位弁済を求めれば良いので、銀行側が損をしない仕組みです。銀行カードローンが低金利融資を行える最大の理由は、リスクを保証会社が負担することになるので、銀行にとってデメリットが無いからです。

銀行カードローンをイメージだけで申込先決定をしてしまうと、実質的な審査を保証会社が行っているので、過去に信販会社や消費者金融との取引で失敗したことがある人は、審査落ちしやすくなってしまうでしょう。銀行カードローン選びは、保証会社としてどの信販会社や消費者金融が入っているかという点まで調べてから申し込みを行なうことが望ましいです。

正社員じゃなくてもキャッシングはできる?

どの金融機関でキャッシングを行なうにしても、借り入れの前には審査が行われます。

金融機関も返済の目処が立たない利用者にお金を貸すことはできないため、審査に通過するには自身に安定した収入があることを証明する必要があります。

そのため学生やフリーター、主婦の方など、パートやアルバイトをしている人の中には収入が少ないためキャッシングを行なえないのではないかと思っている方もいるのではないでしょうか。

しかしそんなことはありません。

近年では働き方が多様化し、非正規雇用で働く方も多くいらっしゃいます。

しかし非正規雇用であっても長期的に安定した収入がある方もたくさんいるはずです。

たしかに収入が少ない方であれば高額のキャッシングを行なうことは難しくなりますが、少額の借り入れであればパートやアルバイトであっても定期的に収入があればキャッシングを行なうことができる可能性は十分にあるのです。

冠婚葬祭や生活費など、急にお金が必要な場合や一時的な借り入れを行ないたい場合には、一定期間無利息でキャッシングが行える消費者金融などもあるので、知っておくだけでもいざというときに有効に活用できるかもしれません。

ただしキャッシングには利息が付いてまわるため、借り入れ額や返済期間を決めておかないと思わぬ損をすることもあります。

キャッシングの際には事前に返済計画を立てて上手に利用するようにしましょう。

ノーローンのキャッシングの特徴とメリット

新生銀行カードローンレイクと同じ新生銀行のグループ会社であり、魅力的なキャッシング商品の取扱をしている大手消費者金融としても有名なのがノーローンとなります。ノーローンでは短期的な借入が非常にお得にできるサービスを実施ている他、多くの人が手軽に申し込めるキャッシング商品を取り扱っています。ノーローンの商品にはどのような特徴やメリットが有るのでしょうか。

・利息と理想限度額について

実質年率は4.9%から18.0%となっていて、利用限度額については1万円から300万円までとなっています。なお利用限度額を50万円までとして申込を行った場合には契約の際に収入証明書類の提出が不要となります。

・無利息期間について

ノーローンでは借入日の翌日から1週間の間は無利息期間となっていて、金利ゼロでの借り入れができます。なおこの1週間の無利息期間が利用できるのは1度だけでなく、完済した翌月には再び1週間無利息で借り入れができます。

・ポイントについて

ノーローンでは予め会員専用サービスからポイントサービスへの参加登録を行うことで、返済時の支払利息に応じてポイントが貯まるという特典があります。貯めることができるポイントについては、「楽天スーパーポイント」「ネットマイル」「Gポイント」の3種類の中から好きなものを選ぶことができます。

専業主婦が楽天銀行カードローンを契約する場合の条件など

年収の3分の1を超える借入を制限する総量規制という法律が制定されてからは、自分自身に安定した収入がない専業主婦が消費者金融などの金融事業者を利用してキャッシングを行うことは非常に難しくなってしまいました。しかし総量規制対象外のローンサービスを提供している、銀行などの金融機関のサービスであれば、総量規制対象外となっているので、年収に関係なく借り入れができます。特にインターネットから手軽に申し込みができ、来店不要でカードローン契約ができる楽天銀行カードローンならば、比較的容易かつお得な借り入れができるので、専業主婦におすすめとなります。

ただし、同サービスを専業主婦が申し込む場合には、通常の申込とは契約の条件が異なるので、注意を払う必要があります。

まず金利面についてですが、通常の申込であれば実質年率が1.9%から14.5%という設定になっているのに対し、年14.5%の固定制金利になります。

また利用限度額に関しても制約があり、通常の申込であれば最大800万円まで利用できるところが、最大で50万円までの契約の条件となっているのです。

なお、その分審査にかかる手間は少なく、契約の際には自身の年収証明書が不要なのはもちろん、配偶者の年収証明書も不要なので、手軽に申し込みができると入っても過言ではありません。

キャッシング業者というのは比較できるところが

キャッシング業者にはいくつも種類があるわけではないのです。あくまでこれは金融業者になります。そして、細かい法律がきちんと決まっていますから、そこまで違いがない、ということもります。

金利に関してはいくらか例外はありますが18%が上限になります。これはかなり高いように見えるかもしれませんが、実はかなり昔から見れば下がっています。ですから、ある意味では借りやすくなった、ともいえるわけです。

そうはいってもやはり金利、利息はかなりの負担になりますから、覚悟しておくべきです。しかし、担保なし、保証人なし、ということで貸してくれることがそもそも凄いことなのです。ですから、そんなに贅沢なことはいっていられない、ということもあります。

キャッシング業者は色々と比較するところがありますがやはり金利が大事なことはどんな場合においても同じになります。ですから、どこでもよいから借りるということはしないほうがよいでしょう。

あくまで重要になってくることはいくつもあるのです。その要素を比較してしっかりと考えることが利用者側にもしっかりと求められるようになっています。ちなみにそんなに難しいことではないです。ネットでいくらでも情報を集めることが可能です。

キャッシングの利息とは何から計算されるのか

キャッシングというのは、どれから利息が決まるのか、といいますと簡単にいえば金利になります。つまりは、金利から利息が計算される、ということになります。例えば100万円を借りていた場合、それを12%でお金を借りていた場合、年間で12万円の利息になります。

そして、これは一月では1万円になります。さらに日割り、ということになります。このように細かくどんどん期間を短くしていくことになります。要するに日割り計算が利息の計算においてとても大事なことである、というのは知っておくと良いでしょう。

言うまでもありませんが、まずはこの金利を抑えることによって、利息が抑えられるようになります。その点をよく理解しておいて、できるだけ業者を比較したほうがよいでしょう。そうすれば少しでも良い条件で借りることができるようになります。キャッシングとは利息がすべてといってもよいのです。

また、もう一つ重要なことがあります。それは借り易くなっている、ということです。別に甘い審査というわけではないのですが極端に厳しくないことが重要になりますから、その点も業者を比較していくとよいでしょう。そうすれば良い業者か見付かることになります。

アルバイトでも借入れが出来るキャッシングサービスの利用

キャッシングは、急な出費や繋ぎ資金などを用意する為の手段として人気があります。キャッシングサービスを使う時には、申し込みをして審査を通過しなければいけません。消費者金融会社では、消費者が申し込む時の条件を予め設定しています。

年齢条件としては、満20歳から満70歳までというパターンが多く、他の条件としては、一定の収入がある事です。その為、長期アルバイトやパートでも申し込む事が可能です。

申し込みは、自動カード契約機や店舗、公式サイトで行え、必要な書類としては、本人確認書類や申込書となります。借り入れるお金が大金であるなら、別途収入を証明する書類を用意しなければいけません。審査は、Web申し込みをした場合、最短30分で行うといった業者が多く、営業時間が早い時間帯に申し込みを行えば、即日融資を受ける事も可能です。

アルバイトの人々がキャッシングを利用する時に注意する事は、借入れた額を返済する時に、どれだけの利息が発生するのかを確認しておく事です。キャッシングサービスは複数の金融会社から借入れを行う事ができ、併用が出来ますが、貸金業法で総量規制が設定されている為、総限度額は年収の3分の1となっている事にも気をつけるべきでしょう。

銀行ローン 利息で注意しなければいけない点

銀行カードローンの利息って低いですよね。上限利息が15パーセントくらいなのに、10パーセント未満で契約できたりもします。これには知られざる思惑が存在するのです。銀行カードローンの思惑について解説します。

1.銀行カードローンは残高スライド方式

銀行カードローンは残高スライド方式という月々利息分位の金額を支払い続ければいい、残高スライド方式を採用しています。

月々利息分位しか払っていないのであれば、元本は殆ど減りません。

残高スライド方式で返済計画をシミュレーションすると、30年以上返済に時間がかかる計算になります、

2.月々の支払額が減ると、新たな借入をしやすい

残高スライド方式では、月々の支払いをしていくと残高ぎ減り、支払い額が減ります。通常の返済期間がある借入なら、月々の支払額が減る事はありませんので油断しませんが、残高スライド方式は月々の支払いが減少する為に油断して新たな借入を増やしてしまいがちです。結果ずっと借り続け、返済をしなくてはいけなくなります。

いかがでしたか。キャッシングディスペンサーからお金が出てくるので、自分の貯金かと勘違いしやすいといった事も、銀行カードローン会員に会社の思惑の1つです。銀行カードローンは繰上げ返済をして、早めに完済しましょう。